マウンテンバイクの特徴と歴史



マウンテンバイク (mountain bike、MTB) は山岳地帯などにおける急坂降下(ダウンヒル:DH)、段差越えなどを含む広範囲の乗用に対応して、軽量化並びに耐衝撃性、衝撃吸収、走行性能および乗車姿勢の自由度等の向上を図った構造の自転車のこと。((社)日本自転車協会の「マウンテンバイク等安全基準」より)

マウンテンバイクの歴史
同時期に北カリフォルニアでも同じ遊びが発生していたが、一般的にマリン郡がマウンテンバイク発祥の地と認識されるのは、マリン郡のマウント・タム(タマルパイアス山)で行われていた当時最大のレースによるところが大きい。 ...

歴史

1970年代後半にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ郊外のマリン郡で、ヒッピー達が急勾配の山をビーチクルーザーや実用車などで下ってタイムを競った遊びが始まりといわれている。同時期に北カリフォルニアでも同じ遊びが発生していたが、一般的にマリン郡がマウンテンバイク発祥の地と認識されるのは、マリン郡のマウント・タム(タマルパイアス山)で行われていた当時最大のレースによるところが大きい。



初期の改造ビーチクルーザーは必ずしも完成度は高くなく、ゲイリー・フィッシャーは『クランカー(ガラクタ)』と呼び、山を降りるたびにヘッド部やハブのグリースを詰め替えなくてはならなかったので、『リパック(Repack)』とも呼ばれていたが、ともかくも地域の自転車好きには新しい自転車の遊びとして浸透していった。この改造クルーザーは急降下にも確実に操作を行えるよう制動力の強いオートバイ用のドラムブレーキハブなどを用い、また山を登攀するためにツーリング用自転車であるランドナーのトリプルクランクや変速機を装備していた。



やがて1977年にジョー・ブリーズが量産の専用フレーム「BREEZER」を、1978年にはトム・リッチーが「リッチー」マウンテンバイクを製作、山や丘陵の荒れ野で遊ぶ自転車として定着させたが、何よりもマウンテンバイクが全世界に定着した役割は1981年にスペシャライズド社が出した『スタンプジャンパー』が大きいであろう。初めて量産体制で製造されたこのマウンテンバイクは新たなジャンルの自転車としてたちまちに全米に広がり、そして世界中に広まる事になった。



自転車としてマウンテンバイクが果たした役割は大きい。例えば発展途上国では今までのロードスター型自転車のタイヤ規格(26インチWO)に代わってマウンテンバイクの規格(26インチHE)が普及しつつあり、マウンテンバイクの車体自体も浸透しつつある。また先進国では、かつてロードスター型自転車に求められた用途にマウンテンバイクが用いられており、技術的にもマウンテンバイク競技で培われた技術がロードレーサーなどに転用され、自転車競技に新たな刺激を与えたものは多い。このような事実から現在マウンテンバイクは自転車の世界基準となりつつあるといってよい。

Bianchi ビアンキ Carbo Cavallo マウンテンバイク
偶然にも、パンターニの駆っていた自転車はBianchi(ビアンキ)だった。歴史は1155年にも及ぶ、 ビアンキは伝統あるイタリアのメーカーです。 アトミックサイクル ロード、マウンテンバイク、クロスバイクのショップ、アトミックサイクル ...


posted by ちゃりだー at 10:55 | Comment(1) | TrackBack(22) | マウンテンバイクについて

マウンテンバイク天国

南仏には、4駆でない自動車でも登れるような比較的整備され道幅もゆとりのある山道がたくさんあます。これまではハイキング程度しかしなかったが、今回は研究所のフランス人に誘われてマウンテンバイクに初挑戦。前日までのミストラルが吹き止み、ポカポカ陽気のなか気持ちよい汗を流しました。

 舗装路でない小石混じりの山道を走ったのは初めて。たいした傾斜でない坂でも石がゴロゴロしているとギアを落とさないとうまく登っていけません。ちょっとした登りでもすぐにゼーゼーと息が切れます。普段ののんびりジョギングとは違い、これはハードな運動であます。時々止まって小休止しないとすぐバテてしまうだろう。途中で右ブレーキが後輪ブレーキであることに気が付いました。日本でこれまで乗っていた自転車とは逆だ。早めに気が付かなかったら、下りで転倒していたかもしれません。

 1時間もしないうちにケツのサドルに接している部分が痛くなってきました。座ったままこいでいると、ちょっとした荒れた路面でも痛む。下りになるとペダルに立っていられるのでホッとします。あとで聞いたが最初のうちは誰でもそうなるらしい。下りでは、今度は手のひらが痛くなっました。前輪にはオートバイのようなサスペンションが付いているが、それでもかなりの振動だ。力を入れていないとハンドルから手が離れかねません。徐々に握力もなくなっていました。

 軽い上り下りをいくつか繰り返し、長いスロープを登り切ると視界が開け、北にLuneron山地、東にアルプス山脈の南端部、南にはSte. Victoire山と素晴らしい眺めが見えました。昨日までのミストラルで空気も澄んでおり、遠くまで見通しがいい。手作りのサンドイッチの昼食をいただいました。

 午後はほとんど下りで、車の通れない急で狭い登山道を慎重に下っていっました。途中、ローマ時代の荷車の通ったという跡が何カ所にもあっました。地面の岩が車輪の幅と間隔で平らに削られています。海からだけでなくこんな山道を通って進軍していったのか…。

 スタートしてから5時間後、ケツ、両足、手とあちこちガタガタになってスタート地点に戻ってきました。ゆーったりとしたお家のひろーいお庭でビールで乾杯。今日はハイキングとは違った山の楽しみ方を味わいました。南仏には本当にいろいろな楽しみがあます。

posted by ちゃりだー at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | マウンテンバイク事情

マウンテンバイクの歴史


1970年代後半にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ郊外のマリン郡で、ヒッピー達が急勾配の山をビーチクルーザーや実用車などで下ってタイムを競った遊びが始まりといわれている。同時期に北カリフォルニアでも同じ遊びが発生していたが、一般的にマリン郡がマウンテンバイク発祥の地と認識されるのは、マリン郡のマウント・タム(タマルパイアス山)で行われていた当時最大のレースによるところが大きい。
マウンテンバイクの歴史 同時期に北カリフォルニアでも同じ遊びが発生していたが、一般的にマリン郡がマウンテンバイク発祥の地と認識されるのは、マリン郡のマウント・タム(タマルパイアス山)で行われていた当時最大のレースによるところが大きい。 ...
初期の改造ビーチクルーザーは必ずしも完成度は高くなく、ゲイリー・フィッシャーは『クランカー(ガラクタ)』と呼び、山を降りるたびにヘッド部やハブのグリースを詰め替えなくてはならなかったので、『リパック(Repack)』とも呼ばれていたが、ともかくも地域の自転車好きには新しい自転車の遊びとして浸透していった。この改造クルーザーは急降下にも確実に操作を行えるよう制動力の強いオートバイ用のドラムブレーキハブなどを用い、また山を登攀するためにツーリング用自転車であるランドナーのトリプルクランクや変速機を装備していた。
歴史を知ること と母親に声をかけてマウンテンバイクに飛び乗る。 余談になるが、小学生の頃、なぜか僕たちはみんながみんなマウンテンバイクに乗っていた。大したマウンテンなんてないのに、5段階切り替えとかのハデハデなマウンテンバイク。今はどうなのか分からない ..
やがて1977年にジョー・ブリーズが量産の専用フレーム「BREEZER」を、1978年にはトム・リッチーが「リッチー」マウンテンバイクを製作、山や丘陵の荒れ野で遊ぶ自転車として定着させたが、何よりもマウンテンバイクが全世界に定着した役割は1981年にスペシャライズド社が出した『スタンプジャンパー』が大きいであろう。初めて量産体制で製造されたこのマウンテンバイクは新たなジャンルの自転車としてたちまちに全米に広がり、そして世界中に広まる事になった。
マウンテンバイク ... 遊びが発生していたが、一般的にマリン郡がマウンテンバイク発祥の地と認識されるのは、マリン郡のマウント・タム(タマルパイアス山)で行われていた当時最大のレースによるところが大きい。 ウィキペディアより引用. マウンテンバイクの歴史か。 ...
自転車としてマウンテンバイクが果たした役割は大きい。例えば発展途上国では今までのロードスター型自転車のタイヤ規格(26インチWO)に代わってマウンテンバイクの規格(26インチHE)が普及しつつあり、マウンテンバイクの車体自体も浸透しつつある。また先進国では、かつてロードスター型自転車に求められた用途にマウンテンバイクが用いられており、技術的にもマウンテンバイク競技で培われた技術がロードレーサーなどに転用され、自転車競技に新たな刺激を与えたものは多い。このような事実から現在マウンテンバイクは自転車の世界基準となりつつあるといってよい。
【CD】ジャズで聞く クリスマスソング 折畳みマウンテンバイク サイズ 26 インチ カラー ブルー 重 量 18.0kg 変 速 18段変速 フレーム ハイテンスチール ギ ア シマノグリップシフト 折畳みサイズ 95×35×79cm 車のトランクに... 【親子で「一緒に」コーディネート】パナソニックアンサンブル ...
日本での歴史
1980年代後半に日本に第一次マウンテンバイクブームが訪れる。オートキャンプの浸透やアウトドア・ブームとともに、レジャーとしての認知度が高かった。当時は各地で手作り的なローカルレースが開催され、スポーツとしての認知度も増していった。

ウィキペディアより
バイク買取/ホンダバイク/ヤマハバイク/原付バイク/カワサキバイク/歴史 バイク買取/ホンダバイク/ヤマハバイク/原付バイク/カワサキバイク/マウンテンバイク/中古バイク/gooバイク このサイトのコンテンツは、ウィキペディアより転載されています。 全ての著作権はウィキペディアにあり、GFDLのライセンスが適用され、保護 ...マウンテンバイク (社)日本自転車協会の「マウンテンバイク等安全基準」より) 歴史 1970年代後半にアメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ郊外のマリン郡で、ヒッピー達が急勾配の山をビーチクルーザーや実用車などで下ってタイムを競った遊びが始まりといわれ ...黒色系スノーボードビンディングが大集合 BURTON バートン SALOMON ドイツ、コーバッハに本社工場を持つコンチネンタル社は、世界第4位の総合タイヤメーカーで、創業1世紀以上の歴史に裏打ちされた豊富な経験と開発力が現代へ脈々と受け継がれています。自転車用タイヤ生産の歴史... ミノウラ/AC ADVANS 専用オプション ...
posted by ちゃりだー at 22:37 | Comment(0) | TrackBack(1) | マウンテンバイクについて